第一生命チャレンジド株式会社
ホーム会社案内事業部案内採用情報

会社案内

会社案内

第一生命チャレンジド株式会社(略称:DLC)は、第一生命保険株式会社の子会社として2006年(平成18年)8月に設立し、特例子会社として同年11月に認定を受けました。
  設立以来、複数の事業部で幅広い業務を展開し、知的障がい者や精神障がい者を中心に、障がいのある多くの従業員が個性を活かして働いています。

(注1)チャレンジドとは?
(注2)特例子会社とは?

会社概要

社名 第一生命チャレンジド株式会社
(英語表記:Dai-ichi Life Challenged Co.,Ltd.)
本社所在地 〒114−0014
東京都北区田端6-1-1
田端アスカタワー 10階
TEL 03-5814-2071(代表)
FAX 03-5685-9272
資本金 5,000万円
株主 第一生命保険株式会社 100%
設立 2006年(平成18年)08月01日 設立
特例子会社 2006年(平成18年)11月01日 特例子会社認定
決算期 毎年3月 (決算公告)
役員 代表取締役 薗部 俊彦
その他 取締役5名(うち常勤2名)・監査役1名
役員・従業員数 238名 非常勤役員を除く〔2017年(平成29年)04月01日 現在〕
(うち、第一生命グループからの出向者12名、障がい者173名)
雇用形態 基本的に正社員
主な事業
  (業務内容)
主として、第一生命より委託された業務を営む。
1.清掃業務  2.印刷業務  3.書類の作成・発送業務
4.喫茶業務

ページのトップへ


企業の目標

第一生命チャレンジドは、
障がいのある人もない人も共に、いきいきと働き、ひとりの職業人として成長することを目指します。

優良企業認証マーク      ハートフルマーク

企業理念図解
仕事のプロとしてのプライドを持つ

一人ひとりが自分の仕事に誇りと責任を持ち、日々の仕事を通じて成長する。

いきいきと働ける職場をつくる

一人ひとりが個性を活かすことができ、常に創意工夫し続け、明るく自由闊達な雰囲気のある職場をつくる。

高いレベルのサービスを提供する

会社全体で標準レベル以上のさらに高いサービス提供を目指し、お客さまからの信頼を獲得し、これを通じて障がい者雇用の理解と拡大を図る。


ページのトップへ


組織運営

(1)「多業種・多事業所」の運営

 第一生命チャレンジドでは、障がいのある人もない人も共にいきいきと働き、一人の職業人として成長することを目指しています。現在は、田端事業部(印刷グループ・書類発送グループ・営業オフィス清掃グループ・ビジネスサポートグループ)・相娯園事業部(グラウンド清掃グループ・見心寮清掃グループ)・神奈川事業部・喫茶事業部(日比谷喫茶グループ・皇居前グループ・豊洲グループ)・大阪事業部の5事業部で多くの業務を任されています。

(2)「職場定着推進室」の設置

 各事業部を横断して人財育成のためのサポートや、指導・研修を行う部門です。各部門間の情報共有、問題点の吸い上げや課題解決に向けての取り組みを行います。また、研修を行うなど、人財の育成にも力を入れています。

(3)「人財会議」「各種研修」の実施

 トレーナー以上をメンバーとして月1回「人財会議」を実施。障がいのある職員の職場定着に向けた問題点とその対応策、業務展開上の課題等を、会社全体の問題から各個人レベルにまでわたって検討する場としています(「障がい者職場定着推進チーム」を発展的に実施)。
 上記とは別に、月1回、定例の「トレーナー研修」を実施。トレーナー主体で研修内容を決定し、意見交換・情報共有をして、相互に学び合う場としています。他に年1回程度ずつ、「新人研修」や「全体研修」「リーダー・トレーナー研修」を実施し、全体のレベルアップと事業部間の交流をしています。

〜その他〜

 障がいに対する理解を推進し、職員・スタッフの不安や悩み等を解消する一助になるよう、精神保健福祉士・社会福祉士・保育士・心理カウンセラー等の有資格者をスタッフに採用。他のスタッフにも「障害者職業生活相談員」資格認定講習の受講を推進。また、資格取得等を支援するため、「自己啓発費用補助」制度を実施。障がいのある人もない人も共に、いきいきと働く職場づくりに活かしています。


ページのトップへ


役員・従業員数推移・内訳
役員・従業員数推移・内訳

ページのトップへ


【用語解説】

(注1)『チャレンジド』とは、

「障がい者」を表現する言葉として、米国で近年使用されています。「神から『挑戦』という使命や課題、チャンスを与えられた人たち」を意味しています。 障がいをマイナスとしてのみ捉えるのではなく、障がいのある事で体験する様々な事を、自分自身のみにではなく、社会全体に前向きに活かして行こうという思いが込められています。

(注2)『特例子会社』とは、

『障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)』により、障がい者が働く上での配慮がされている子会社について一定の条件を満たす事で厚生労働大臣に認定された会社です。 特例子会社(第一生命チャレンジド株式会社)で働く障がいのある職員は、親会社(第一生命保険株式会社)に雇用されているとみなされて、特例として親会社の障がい者雇用率に組み入れられます。 第一生命保険株式会社の障がい者雇用率は法定雇用率(2013年4月から2.0%、以前は1.8%)を上回っています。


ページのトップへ


サイトマップお問い合わせ個人情報について